金時山

2011年11月13日
By y2_K

晴天に恵まれ、絶好の行楽日和。
山師匠Kちゃんに連れられ、脚力強化のための登山です。

小さい時から、箱根旅行の車中で毎度まいど両親に
『金太郎さんがいるお山よ』 と言われた
勝手に “馴染み” の山です。

昔話と童謡のほのぼのメロディー、見た目の丸さ加減に
何となくのどかなハイキングを想像していたこのお山。

甘かった。。。


山の途中で撮った野生のカモミール。
良い香り。
ハイキング気分もココまでです。

あまりの急斜面、道幅も狭く
人とすれ違えない。

次から次へと前から後ろから笑顔のみなさんがやってきて
渋滞ができるほどの混雑ぶり。

登山人気はホントだなぁ。
コンニチハ貯金あったらいいのに。
人生で、1日にこんなに
息切れしながら『コンニチハ』って言ったの初めてです。

おやつさえ口にせず、
やっとこさの思いで山頂到着。
達成感と涼しい風がとっても気持ちよく満足です。

そして待望のお昼。

食べなかったけど興味あり。

我々は、持参したおにぎりと名物キノコ汁400円をいただく。

写真撮るの忘れて、終盤に1ショット。
傘がφ4cmぐらいある大きいなめこがたくさん入ってました。
好きな物を最後まで取っておいてよかった。

真っ白にガスッていて景色が何も見えなかったので
しばし、人々の清々しい笑顔を眺めつつ休憩。

残念ながら、山頂の景色写真はナシです。

下山へつづく。

«

»

Comments are closed.